style -AppliQuéのある暮らし-

さあ、どの子にしよう!?まるなのこけしがやってくる

4月のめぐる布市では、茅ヶ崎からまるなのこけしがやってきます。

 

まるなのこけしの作家、野口なみさんと湯川紀子さん。

茅ヶ崎の熊澤酒造の敷地内にあるokeba gallery&shopのスタッフでもある湯川さんと森ノオトのあっこちゃんこと梅原昭子さん(あっこちゃんは実は切り絵作家でもある)が昔からのお友達というつながりから、きてくれたらうれしいなあという妄想が実現。

※このokeba galleryがまたとっても素敵なところ。茅ヶ崎の広告塔?な二人のインスタ をみていると、茅ヶ崎に住みたくなる……

 

はるばる茅ヶ崎からなみさん、のりさん、こけしさんがやってきます!

 

毎回、小さなこけしにその季節、その場所らしさを、センスよく取り入れ唯一無二の可愛らしいコケシを生み出しているお二人。

「せっかくだから布市の布でつくりましょう!」と提案してくださり、わざわざ事前に工房まで布選びにきてくれました。

 

二人が選んだ布たち。さて、これがどうなるのだろう??とわくわく。

 

めぐる布市こけしはこんな感じにしようかなと思って……と連れてきてくれた布市こけし第一号。

思っていた以上の小ささ、可愛らしさに、もうスタッフみんなやられちゃいました!

急にこけしの撮影会がはじまったりして(笑)

工房から発掘した布を纏い、お花を手に持っているのは、「母の日のプレゼントにも」とのこと。

ちょうど今回は、前半コラボがお花屋さんのKonitaさん。お花つながりなのもうれしい。

 

このこけしさん、紙粘土で土台をつくり体をつくるのが湯川紀子さん。

 

 

そして、そのできあがってきたこけしさんに顔を描き入れて、あの独特のかわいらしさをだすのが野口なみさん。

二人で作り上げているこけしさん。

製作の途中経過を写真で送ったくださったり、お二人の発信するインスタで出来上がってくる様子を見ていて、もうみんなワクワク。

 

今回、お客様も、2回3回と会期中にリピート予約してくれる人も多いのは、このこけしに会いたいからに他ならない。

そして、このお二人がまたおしゃれで、楽しくて、息ぴったりで素敵なのです。

作家さん二人がいるのは4月25日(日)と4月27日(火)午後。

ぜひ、こけしさんに会いにきてくださいね〜。

 

…….

【4月のめぐる布市】

4月20日(火)~27(火)*4/24(土)はお休み

10:00-11:30/11:30-13:00/13:00-14:30

まるなのこけし在廊日 4/25(日)、4/27(火)午後

【申し込み方法】

申し込みフォームから、希望の時間帯をお選びください。

https://forms.gle/pzWMY2JEVYMinh4W7

お電話でも申し込みを受け付けています。

布市申し込み専用電話:080-7531-8704

【会場】

森ノハナレ(横浜市青葉区鴨志田町818-3)

【主催・問い合わせ】

NPO法人森ノオト AppliQué事業部

event@morinooto.jp

 

4月のめぐる布市

 

Share on