news -布市の最新情報-

2024年度モニター募集のお知らせ【「めぐる布市」出口を広げるプロジェクト】

「めぐる布市」出口を広げるプロジェクトは、布の循環量を増やし、リユース品を活用する人をより増やしていく活動として、2023年4月から地球環境基金の助成を受けはじまりました。

寄付された布や手芸用品をモニターとして活用していただき、その活用事例をレポート・情報発信させていただくことで、リユースの啓発につなげるプロジェクトです。

 

2023年度は教育施設や学校、福祉施設など、13の団体でモニターとして活用していただき、各団体が様々な方法で布や手芸用品を使ってくださったことで、可能性がどんどん広がっていくことを実感した初年度となりました。

<

 

認定NPO法人森ノオトでは、「リユース・リサイクル・リデュース(3R)」の1分野として、布や手芸用品に目をつけ、2017年から回収を始めました。

最初はアップサイクル布雑貨の販売を行ってきましたが、2020年からは「めぐる布市」として、届いた布や資材をきれいに整えて販売するリユース手芸店として活動しています。

おかげさまで、寄付のお申込みは年々増えています。保管場所や仕分け・販売の体制を整えながら、リユース品活用人口を増やすことで循環量をあげていきたいと考えています。

そのため、今年度はモニター数を昨年度よりも増やして、15団体募集することになりました。(新規団体)

 

 

 

 

【モニター募集要件】

モニターとなっていただく団体には、最大5箱の布・資材の詰め合わせを無償提供いたします。

ご提供する布・資材は、手作業やワークショップ、販売品制作など、各団体様で自由にご活用ください。

 

・年間で新規15団体募集※海外団体には対応していません

・循環を体感してもらうため、「めぐる布市」への現場視察をお願いしております

※ 遠方で来訪できない場合はご相談の上ZOOM等に変更いたします

・提供先に合わせた布や資材を届けるための活用アイデア検討やミーティングを行います

・活用後、活用の様子がわかる写真とレポートを提出していただき、記事やSNSで公開いたします

 

〈スケジュール〉

・6月:モニター募集・提供先決定

・7~11月:視察・企画会議

・10~3月:布と資材送付/活用事例のレポート・事例公開

 

ただ、寄付を受け取って終わりではなく、どういうものが必要で、どういう活用方法があるのか。

活用アイデアを考えたり、リユースを広めるための取り組みを一緒になってしていただける団体の応募をお待ちしています。

 

infomation

布と手芸用品のリユースステーション

【「めぐる布市」出口を広げるプロジェクト モニター募集】

〈エントリー方法〉

申し込み締め切り:2024年6月20日(木)

募集数:新規15団体

※申し込み団体多数の場合は選考の上、ご連絡いたします

以下のフォームよりエントリーしてください

https://forms.gle/DDEjJ3JGgdPqdERA9

 

【昨年度のモニター団体向け】

2023年度のモニター団体で、今年度も利用を希望する場合、最大5箱の布・資材の詰め合わせを、3,300円+送料で提供いたします。

新規団体と同様、上記のフォームからお申込みください。

 

〈お問合せ〉

NPO法人 森ノオト ファクトリー事業部(担当:齋藤)

factory@morinooto.jp

 

【この活動は、地球環境基金の助成を受けています】

pastedGraphic.png

Share on