布の循環量を増やし、リユース品を活用する人を増やすために始まった「めぐる布市」出口を広げるプロジェクト。第一号モニターに決まったのは町田市金井にある「クラフト工房 La Mano」さん。緑に囲まれた自然豊かな環境で、心やからだに障がいをもつ40人のメンバーが中心となって、天然素材を使った染めや手織り、刺繍やアート作品を作っている染織工房です。

昨年30周年を迎えたLa Manoさん。はじまりは1992年に障がいを持った子どもたちのお母さんが、養護学校を卒業した後の行き場として、私設ではじめた小さな造形教室でした。現在メンバーは40名に増え、20名のスタッフと地域のボランティアの皆さんの支えとともに、色とりどりの素敵な作品が日々生まれています。

手しごとを担っているメンバーは自閉症、ダウン症、発達障害、身体障害、精神障害などの障がいをもつ方々。それぞれが得意とする技術や表現、感性で、日々コツコツと丁寧に手しごとに励んでいます。スタッフの方々はメンバーの「好き」という気持ちやこだわりを尊重し、優しく見守りながら手しごとを支えています。地域の方々は、染料になる植物や野菜を栽培したり、里山の手入れをしたり、縫製作業を手伝ったり…とたくさんの方々の手がLa Manoさんの活動を支えています。

 

森ノオトで開催する月に一度の共同購入「いいかも市」とは以前からつながりのあったLa Manoさん。出口を広げるプロジェクトの案内をさせてもらったところ、是非活用させていただきたいとご連絡をいただき、まずは打ち合わせのために布市の工房までLa Manoスタッフのお二人に来ていただきました。

綿や麻など染められる天然繊維であること、販売する商品として扱えるようにある程度の量が揃っていること、そして染織の制作過程で使える素材であること。いろいろな素材を確認していただき、染めに使えそうな白やきなりの綿生地、制作過程で使えそうなシーチング生地やフェルトなどを寄付させていただきました。

 


めぐる布市@ゾウノハナ開催が終わって間もない10月の頭、まだ段ボールが積み上がる中で打ち合わせ。

 


染織に使えるものを条件に厳選された素材たち。どのように活用されるのか期待がふくらみます。

 

第一報で届いたのは白のフェルトを裏地に使った素敵な刺繍ブローチの写真。メンバーがデザインした図案に、草木染めの糸で丁寧に刺繍された一点ものです!

 

ブローチのサイズに丸くカットされたフェルト。ひとつひとつ丁寧にブローチピンが縫い付けられています。

 

 

シーチング生地は染めの制作過程で使われると聞き、実際にどのように活用されているのか見てみたい!ということで、木の葉が色づく11月の終わりにLa Manoさんの工房を訪ねました。町田市金井の住宅街の一角に佇む工房は、里山のふもとに建つ築100年の古民家です。

美しい木漏れ日がきらきら光る工房の入り口。優しい風が通り抜け、気持ちの良い空気が流れます。

 


里山の上から眺めた景色。右手に見えるのが染め物を主に行う母屋で、左手奥に見えるのは手織り工房。木々に囲まれた緑豊かな素晴らしい環境です。

 

早速あのシーチングが使われているという靴下の絞り染めの工程を見せてもらうことに。裂いて小さくカットされたシーチングは「当て布」として活用されていました。「当て布」とは、絞り糸を縫う際に布に当てて一緒に縫い、布を絞る際に玉止めが抜けたり、布が破けてしまうのを防ぐためのもの。絞り糸をほどく際にも生地を誤って切ってしまうのを防いだり、糸を見つけやすくするというお役目もあり、実は絞り染めにはなくてはならない存在なのです。

絞り染めにはいろいろな模様があって、模様によって絞り方もさまざま。最初の工程は模様となる部分に穴の空いた型紙を使って印をつける「点打ち」です。その後その点に合わせてなみ縫いをします。縫い終えたら、糸を引いて絞る工程へ。縫ったところをギュッと引っ張り、玉止めをします。ヒダを揃えて更に引っ張り、玉の下に玉を作って、それを何度も繰り返しながらこれ以上引っ張れなくなるまで何度も絞ります。そして最後に「巻き上げ」を施したら、染めの工程へ。


「点打ち」でつけられた印に合わせて、縫い担当のメンバーがひと針ひと針丁寧になみ縫いをしていきます。

 


縫い終わった後の絞りの作業。絞りの得意なメンバーがその手腕を披露してくれました。その仕事の速さにはびっくりするほど!

 


絞りの最後の工程は「巻き上げ」。絞った箇所に糸をギュッと巻き付けていく作業は熟練の技!

 

主な染色方法は「藍染め」と「草木染め」で、それぞれ工程が異なります。最初に案内してもらったのは母屋の裏庭にある藍染の染め場。藍甕が並んでいます。ちょうど染め担当のメンバーが靴下を染めているところでした。

まずは空気に触れないよう藍甕の中で十分に染み込ませるために、5分くらいしっかり揉んで漬け込みます。その後しっかり水でゆすいで絞って干す。この工程を何度も繰り返すことで、深みのある藍色になるそうです。


La Manoさんの藍染めには国産の「すくも」が使われています。すくもとは、タデ藍という植物の葉だけを集め100日ほど発酵させたものだそう。

 


冷たい水に手を入れてしっかり水でゆすぎます。固く絞って、空気に触れることで色が変化していく藍染めの不思議。

 


繰り返し染められた靴下は、濃くて深みのあるきれいなブルーに染まっていました!

 

お次は「草木染め」の染め場へ。ここでは絞り終わった靴下が大きな鍋で染られている最中でした。染料の茜を煮出して作られた染液をムラにならないよう布を動かしながら染め上げていきます。

La Manoさんで使われている染料はすべて天然のもので、茜をはじめ、藍草、玉ねぎ、石榴(ざくろ)や藤などさまざまな植物から色鮮やかな染料が生まれます。庭で採れた栗のイガやマリーゴールドを活用することも。なんとアボカドの皮も染料になるそうです。

色素を繊維に定着させるために、媒染剤を使用します。媒染剤になるのは鉄やアルミなどの水溶性の金属塩。同じ染液でも異なる媒染剤を使うことで、全く違う色に染まるのです!媒染と染料を繰り返すことで、色を定着させていきます。

最初に煮出して作られた染液を1番液というそうで、再度水を入れて煮出した液を2番液、同じ容量で3、4、5…番液が作られていき、濃度が薄くなる分それぞれ異なる色に仕上がるとのこと。同じ染料でも様々な色が生まれる草木染めの面白さにすっかり魅了されたのでした。


この日の染液は茜の5番液、鉄媒染で染めていました。鉄媒染だと黒っぽい、渋い色に染まるとか。

 


染め終わった靴下の絞りをほどいていきます。シーチングが玉止めをカットする時に役立っています。

 


ほどき終えて広げてみると…花のような模様が!

 


絞りの強さで柄の出方が変わったり、絞り方で様々な模様を作ることができるのが絞り染めの面白いところ。

 


1番左は茜染めの鉄媒染、左から2番目は茜染のアルミ媒染。異なる媒染でこんなに違いが出るなんて!!
草木染めで使われるのはシルクの靴下、藍染めには綿の靴下を使っているのは、草木染めは動物性のものに染まりやすく、藍染めは植物性のものに染まりやすいからだとか。

 

母屋の隣にある織り部屋「セグンダ」も見学させてもらいました。ここで使われている糸も工房で染められたもの。時には綿の実を種と繊維に分け、手で紡いだ糸を染めてから織ることも!この日も色鮮やかで美しい模様の作品がメンバーの手によって丁寧に織られていました。細かい模様や独自の配色でメンバーの個性とセンスが光ります。

実は織るまでの工程が大変だそうで、たて糸を張るための準備からはじまり、櫛の目になっている板やワイヤーの小さな穴に一本一本糸を通していくという細かい作業を経て、ようやく織りに進めるのだとか。熱心に仕事に取り組むメンバーの姿にとても胸が熱くなりました。


たくさんの織り機が並ぶ「セグンダ」。よこ糸を通してバッタンバッタンと、マフラーやマットなどが織られていきます。手織りのマフラーは肌触りも良く、とても暖かいそう。

 


手織りの作品がきれいに収納され保管されていました。整理整頓術は布市も見習いたいところ。

 

La Manoさんの手しごとは、時間も労力も段違いにかかります。けれど、心を込めて丁寧に作られた優しくてあたたかい作品と、いきいきと働くメンバーや寄り添うスタッフの姿を見ていたら、「手しごと」だからこそ生まれるものはやはりあるのだなぁとしみじみ思うのです。

一通り見学させてもらったあと、色選びに悩みに悩んでマリーゴルド染めと玉ねぎ染めのシルクの靴下を2足購入させてもらいました。シルクの靴下はなめらかな肌触りで、ムレや乾燥を防ぎ、夏は涼しく冬は暖かいという優れもの。生み出される過程と作っている人たちの顔がわかるからこそ、その靴下たちがとても愛おしく、履いた日の夜は優しく手洗いしてしまうほど、大事なひとしなになりました。

La Manoとはスペイン語で「手」を意味することばだそうです。「つくり手」だけでなく、「支える手」や「つなぐ手」、そして「つかう手」、いろいろなかたちで関わる人たちが幸せになる、というのがLa Manoさんの目指すものづくり。その「手」のひとつにめぐる布市がなれたことが、とても幸せなことだと感じた訪問でした。

………….
★めぐる布市出口を広げるプロジェクト★

詳細はこちら
https://applique.morinooto.jp/works/hirogeruproject_2.html

映像はこちら
https://youtu.be/mhZEpyQ3OmQ

※この出口を広げるプロジェクトは、地球環境基金の助成を受けて活動しています

※12月のめぐる布市お申し込み受付中です。
https://forms.gle/L2PLqxJtrkZL3P1v9

……..

森ノオトが開催するリユースファブリックマーケット「めぐる布市」は、自宅で大切にしまいこまれた布や、使いそびれた手芸用品を、新たな使い手につなぐ期間限定の手芸店です。

全国から届く布や手芸用品を仕分けし、整え、次に必要としてくださる方のもとへとめぐらせる活動をしています。

 

めぐる布市は、毎月7日間だけ、1日3回、現在は10名ずつ人数を制限し、予約制で開催しています。

 

お店に並ぶのは、様々な布地を中心に、糸や針、リボンや羊毛、毛糸…..といった手芸用品、まだまだ現役で活躍できるミシンやアイロン、定規、ハサミといった道具類も。

 

通常のお店のように、なんでもある品揃えとは違いますが、ここでしか出会えないもの、その時にめぐりあえないものがあり、お値段もアウトレット価格で大変お手頃です。

必ずほしいものがあるとは限らないかわりに、ここで出会ったものから何かをつくる、何を作ろうかなと妄想する、そんな時間が至福の時。

まるで宝探しのように心が湧き立つ瞬間が、会場にはたくさんあります。

ぜひ、楽しんでくださいね。

寺家ふるさと村をイメージして描いてくださった今期の案内状です

 

【12月のめぐる布市】

 

クリスマスシーズンに年末年始、忙しい時期到来ですね。

今月は7日からと早めスタートの布市で準備も楽しんでくださいね。

特集は「ウール」


 

 

12月の手芸部部活
余った毛糸で編むミニポシェット

 

編み物をしているとどうしてもたまってきてしまう残り糸。布市でもそんな毛糸がたくさん寄付で集まっています。
そんな余り糸の中から好きな色や素材の毛糸を選んでいただき、組み合わせたり、引き揃えたりして、オリジナルの小さなポシェットを作ってみませんか。
太めの糸と棒針でザクザク編んで作る予定です。

オンラインでも楽しんで!

毎月布市最終日に開催するオンライン布市と、新たに月2回日曜の夜配信するミニオンライン。

オンライン布市はInstagramライブで参加型、ミニオンラインは、事前に動画を収録して配信、どちらもオンライン購入可能です。

リアルな布市には来られない、という遠方のお客様も増えてきたので、少しずつオンラインの場も増やしているところです。

どちらも、購入は先着順です!

 

▶︎今月のオンラインめぐる布市

日時:12月14日(木)12:00-13:00

 

▶︎ミニオンライン※20:00頃配信

日時:12月3日(日)、17日(日)

 

では、年内最後の布市をお楽しみくださいね

……………………………………………..
Information

【日時・申し込み方法】

12/7(木)~14(木)

*10(日)はお休み

10:00-/11:30-/13:00-※1枠10名 

場所:森ノハナレ

*駐車場は、1枠2台まで。

 

【手芸部部活】余った毛糸で編むミニポシェット
日時:2023年12月12日(火)10:00-13:00
場所:森ノオウチ1F※普段布市会場の前にあるおうちです。
定員:6名
参加費:3000円(材料費込み)
持ち物:太めの棒針(12号〜8mm位)※貸出も可能

 

新着情報は、Instagram @megurununoichiで紹介しています。

 

【申し込み方法】

申し込みフォームから、希望の時間帯をお選びください。

または、applique@morinooto.jp 宛に、下記の内容を記載の上、メールにてお申し込みください。

・お名前

(同伴者のいる方は全員のお名前、メールアドレス、お子様連れの方はお子様の年齢も添えて)

・電話番号

・駐車場希望の有無

・ご希望の日にちと時間帯

・入場料500円は事前のお支払いとなります。お支払い方法をお選びください。

(クレジットカード(JCBは対応していません)/銀行振込)

お電話でも申し込みを受け付けています。

布市申し込み専用電話:080-7531-8704

 

【会場】

森ノハナレ(横浜市青葉区鴨志田町818-3)

東急田園都市線・青葉台駅よりバス10分、バス停より徒歩3分

アクセスの詳細はこちらをご覧ください。

*駐車場ご利用の方は、必ず申し込みフォームで駐車場希望にチェックを入れてください。

【主催・問い合わせ】

NPO法人森ノオト AppliQué事業部

HP:https://applique.morinooto.jp/

applique@morinooto.jp

…………

【LINE登録はこちら】

お友達登録してくださいね

https://lin.ee/1ngwCix

 

2023年11月23日(木・祝)に、NPO法人森ノオトは東急田園都市線・藤が丘駅の藤が丘駅前公園にて、エコ&サスティナブルをテーマとしたマルシェ「あおばを食べる収穫祭2023」を開催します。今年は、新たな出店者も増え、出会いが楽しみなマルシェです。

めぐる布市は、本部横にブースを設置。ワークショップを開催します。

ぬいぐるみには新たな仲間もできました!

携帯とお財布だけポンっと入れられるサイズのポシェットのワークショップも!

自分用に可愛くカスタマイズ!

携帯と小さなお財布ならすっぽり入るポシェット。自分好みに自由にカスタマイズ!

そして、この日はぬか袋カイロの実演販売!

ぬか袋の温かさは、体の芯までじっくり温まるような、ほっこりした温かさ。

それをぜひ体感していただきたく、当日は、ほかほか温めてお待ちしていますので、

ぜひ触ってみてくださいね。

……………………………….

「あおばを食べる収穫祭2023」

日時:2023年11月23日(木・祝)10:00〜15:00

※小雨決行、荒天の場合は中止

会場:藤が丘駅前公園(横浜市青葉区藤が丘1-29-1、東急田園都市線・藤が丘駅徒歩1分)

主催:特定非営利活動法人森ノオト

協力:藤が丘商店会、上谷本連合町内会

後援:横浜市青葉区、横浜市環境創造局「横浜市みどりアップ計画に基づく事業」

……………………………….

公式Instagram

@aobashukakusai

公式Facebookページ

https://www.facebook.com/aobashukakusai

 

 

 

 

10月のめぐる布市に合わせて楽しいコラボ企画が生まれました!

tete × めぐる布市コラボ企画

ーオリジナルカラーで継なぐ「がま口財布&ポーチ」オーダー会ー

 

工房に届く素材の中には革もあります。

タグのように使ってみたり、キーホルダーにしてみたり。

何かもっとうまく使いこなせないかなと思っていたところ、青葉区在住の革小物作家 teteの古田佐和子さんからお声がけいただき、ガマ口のお財布とポーチを作ってみよう!ということになりました。

そういえば、ガマ口も布市に大量に届く素材の一つ。
慣れるまではちょっとコツがいるというガマ口は、工房にまだまだ在庫があります。

布はもちろん、素敵な色の端革もたくさんあるのにもったいない!

ぜひ、これを活かしてオリジナルの財布ができたらそれはとっても楽しいのでは?と、打ち合わせの段階からワクワクしてきました。

 

 

 

古田さんは、デザインの学校を出た後、文房具などのプロダクトデザインの会社に入りユニバーサルデザインの仕事をしていました。

その後、バッグメーカーに入り、パタンナーの下で学んでいるうちに自分でもデザインをするように。

きっかけになったのは、お母様が知人から安く譲り受けたこの中古の革用工業ミシン

 

2014年より自身のブランド「tete」を立ち上げ、バングラデシュで生産しデザインから輸入卸まで一人で行いながら、全国の百貨店でのポップアップ出店をしていたという、どこからそのバイタリティが?と驚くほどの行動力!

出産を機に、あらためて作家としてどういう商品を作っていくべきかを考える中で、

「量産をしたくない。新しいものではなく、すでに世にあふれている本革に新たな命を吹き込み、これ以上新しい革を生み出さないモノづくりをしたい」という思いに変わってきたのだそうです。

現在は一度製品になった革や長年保管されていた革を分解し、ツギハギすることで生まれる革のアップサイクル製品を制作

 

これらは、おうちに眠るバッグを解体して財布にするところ。ああ、捨てなければよかった….というバッグたちが脳裏にチラチラ。

藤が丘にあるtetecafeは、旦那様と二人三脚で営むお店です。

元々は、制作した作品を披露するお店が欲しいけれど、バッグや財布だけでは…というので旦那様に協力してもらい、cafeとの併設をすることになったのだとか。

旦那様は都内の某有名ホテルでシェフをしていたり、行列のできるパン屋さんのサンドイッチ開発をしていたり…..と多彩な方。あんなに本格的な味がこんな近所で食べられるなんて!とスタッフが驚いていたのですが、そのお店が生まれた経緯に、二度驚きました。

 

teteという屋号。よくみるとteとteの間が少し空いています。これは、「手(te)と手(te) の間にある想像の余白」なんだとか。

 


「がま口財布&ポーチ」オーダー会

布市で好きな革と内布の組み合わせを選んでいただき、そのままオーダー。

お渡しは、12月の布市になります。(※郵送でも受け付けます)

①がま口親子財布 12,000円(税込)

②がま口ポーチ 7,000円(税込)※鳥の口金は+300円になります

※お客様ご自身で革・布用意の場合はそれぞれ割引

 

【持ち込みの場合】少し大きめのサイズでご用意ください

①がま口親子財布 :革12×13cm…4枚/布16×12cm…4枚
②がま口ポーチ:鳥の口金:革12cm×13cm…4枚/生地12cm×20cm…2枚

四角い口金:革11cm×14cm…4枚/生地14cm×20cm…2枚

 

こちらはポーチ。2つの口金から選べます(鳥さんの口金は+300円)

 

革や布の組み合わせで無限に広がるオリジナルなお財布とポーチ。

ぜひ、選ぶ時間も楽しんで!

オーダーはめぐる布市の会場で受け付けています。
https://forms.gle/wu1fzaSxCUyFbLxA9

………..
【10月のめぐる布市】
10/12(木)~20(金)
*14(土)15(日)はお休み
10:00-/11:30-/13:00-※1枠7名
場所:森ノハナレ
*駐車場は、1枠2台まで。

tete
https://www.instagram.com/tete.leather/
tetecafe
https://www.instagram.com/tetecafecoffee/

 

 

 

 

 

 

作る人と繋がりたい、一緒に作る時間を楽しみたい!
森ノオウチに集まって、一緒に手作りを楽しむ「めぐる布市手芸部」部活を開催しています。

資格が必要であったり、先生と呼ばれるような立場ではなくても、得意な人が教えたり教えあったり、上級生が下級生に教えるような、そんな部活とか、クラブのような、作ることを気軽に楽しめる場があるといいなと思い、布市のもう一つの楽しみ方として設けた、めぐる布市手芸部の部活DAYです

○予定が決まったものからこちらに掲載していきます。

○お申し込み開始は、毎月のめぐる布市と同じです。(ワークショップのみの場合も同じフォームからお申し込みとなります)

※手芸部参加時の駐車場のご用意はありません。ご了承ください。


【2023年12月12日(火):余った毛糸で編むミニポシェット】
※12月の布市申し込みスタートと同時に募集開始

編み物をしているとどうしてもたまってきてしまう残り糸。布市でもそんな毛糸がたくさん寄付で集まっています。
そんな余り糸の中から好きな色や素材の毛糸を選んでいただき、組み合わせたり、引き揃えたりして、オリジナルの小さなポシェットを作ってみませんか。
太めの糸と棒針でザクザク編んで作る予定です。

………………..
日時:2023年12月12日(火)10:00-13:00
場所:森ノオウチ1F※普段布市会場の前にあるおうちです。
定員:6名
参加費:3000円(材料費込み)
持ち物:太めの棒針(12号〜8mm位)※貸出も可能

 


【2023年11月14日(火)/11月28日(火):らくがき刺繍でクリスマスオーナメント】※予約申し込み終了


今年のクリスマスは手作りオーナメントを!
子どものらくがきを刺繍にしてオーナメントを作りませんか?

子どもにとってのクリスマスってどんな絵だろう。サンタさん?トナカイ?プレゼントかも!?
そんな、子どもが描いたクリスマスの絵をそのままオーナメントにしてみませんか?

………………..
日時:1日目11/14(火)、2日目11/28(火)

①午前の部10:00-12:00
②午後の部13:00-15:00

1日目で「表の刺繍」製作。仕上がらなかった場合、残りはご自宅で仕上げます。

2日目でオーナメントに仕上げる。

場所:森ノオウチ1F※普段布市会場の前にあるおうちです。
定員:各6名
参加費:3000円 ※1回目のみ参加の場合は2000円です。※材料費込みの金額です。
持ち物:お子さんの絵(サイズは10センチ以内。あまり描き込みすぎていないシンプルなものが綺麗に仕上がります)筆記用具、糸切りバサミ、針、刺繍枠※あればお持ちください。貸し出しもあります

※裏布や紐はご用意がありますが、使いたいものがあればご持参ください。

 

※お申し込みは11月のめぐる布市申し込み開始と同時になります。


【2023年10月17日(火):うたしもんぺ】※終了しました

ーうたしもんぺとはー
真四角の布をそのまま生かし、素材を無駄にしないデザイン。
サルエルパンツのような動きやすさ、軽やかさ、自転車だって乗れます!
着る人の年齢も性別も問わない懐の広さ。
布の素材によってシルエットががらりと変わる楽しさ。
布が足りない時には布を剥ぎ合わせて四角い布にすればいい!そんな自由さも。
違う布との組み合わせもまたポイントになって素敵!

と、いろいろ楽しいうたしもんぺ、一緒に作りませんか?
………………..
日時:2023年9月17日(火)①午前の部10:00-12:00/②午後の部13:00-15:00
場所:森ノオウチ1F※普段布市会場の前にあるおうちです。
定員:各4名
参加費:3500円+材料費1000円
持ち物:裁縫道具(まち針、縫い針、ハサミ程度)